その会社の歴史を知り、その業界のことをよく知ること

 転職をする際に、または新しい会社の面接、試験を受ける際に必ずしなけければならないこと。それは、その会社の歴史を知り、その業界のことをよく知ること。
この2つは、蔑ろにしてはいけません。

 

その会社の歴史を知ること

 自分が入りたい、入ろうとしている会社の歴史は少なくとも知っている必要があります。これはたぶん面接の時に聞かれるかもしれません。実際に私も質問を受けましたが、全然調べていかなかったために、「うちの会社を知らないで、よく面接にきましたね」と一蹴されてしまいました。当然、不合格です。その会社がどんな歴史を歩んできたか、歴史を作ってきたか。必ず抑えておいたほうが良いでしょう。

 

その業界のことをよく知ること

 その業界については、入社後、必ず話として出てきます。あおの会社はどうだとか、こうだかと。その話についていけなければ、あなたの存在感は薄れてしまいます。業界の知識は必ず勉強をしておいたほうが良いと思います。実際に私も異業種に転職しましたが、全然業界のことがわからず、勉強嫌いの私でも勉強をしました。意外に、会社というのは自分の会社の歩んできた歴史を大事に思っているものです。それを理解するところから始まるかもしれません。


このページの先頭へ戻る