自己PRすべきポイントを知る為の工夫

自己PR次第で印象は違う

 転職したい企業に働いてほしいと思わせる為に、多くの方が様々な工夫をして努力しています。転職希望者の自己PRは相手企業にとっては、実際に働いてもらいた人なのか、判断する材料になるので、細かいところまで考えて自己PRする事が大切です。まずは相手企業が何を求めているのか、分析し、そこで自分は何ができ、相手企業のメリットになるのかアピールする事が大事です。また相手企業が求めている事を理解すれば、自分がどう動けば良いのか判断できる事にも繋がるので、相手企業の今後をイメージしながら、自己PRできるようにしましょう。

 

自分を営業して売り込む

 面接などで自己PRする場合、定番の受け答えだと面接官の心に響かない場合が多いです。当たり障りのない受け答えは、多くの転職希望者がするので、印象に残る事もないでしょう。そんな中で大事なのは、自分の実績やスキルをどう転職先で活用できるのか説明する事です。面接などの自己PRは、自分を営業する事と同じです。相手が自分を仲間にする事が、お得なのかと思うかで結果を違ったものになるでしょう。

 

自分の分野で考える

 自分の得意な分野は人それぞれ違いますが、その得意分野の会社を立ち上げたとして、どんな人に働いてほしいと思いますか?その答えが自己PRすべきポイントになるでしょう。


このページの先頭へ戻る