転職活動には息抜きも必要

 自分の納得のいく転職先を見つけるまでの道のりは、時として長いものになります。応募一社目で決まる、なんていうことはそうそうないものですし、決まるまでに十数社、さらにはそれ以上の応募をしたという人も、このご時世では珍しくないのではないでしょうか。

 

 就職や転職というのは、結局「縁」によるところが大きいなんていうことも言いますが、何にせよ、不採用通知を受け取ると多少なりとも落ち込むものです。また条件に合う求人を見つけなければいけませんし、あまりにも不採用が続くと、自分が社会から否定されているような気分になってしまうこともあるでしょう。

 

 自信をなくして暗い表情のままで面接に臨んでも、面接官に良い印象を与えることは難しいですよね。うまくいかない転職活動に疲れ切ってしまったら、上手に気分転換をすることも大切なことです。そんな悠長にしている暇はないと思うかもしれませんが、長丁場になりそうな時こそ、息抜きが必要なのです。

 

 たとえば美味しいものを食べに行ったり、気の置けない友人と会っておしゃべりをしたり、少し遠出をして景色の良いところに行ってみたり、気分転換の方法はいろいろあるものです。

 

【おすすめ情報】
既卒の就職活動
既卒の就職で大事なこと知っていますか?

 

政治ニュース:朝日新聞デジタル

 

 転職活動の結果が出ないからといって、自分を否定したり、自己嫌悪に陥るようなことはできるだけ避けなければいけません。前回の面接での受け答えはどこがいけなかったのか、などの振り返りや反省はときに大切なことですが、必要以上にネガティブになってしまっても何もいいことはありません。とにかく、日ごろ頑張っている自分を労ってあげようという気持ちを持ちましょう。


このページの先頭へ戻る