40代50代の転職について

 就職氷河期と言われているこの時代、若者の就職でさえ困難を極めているの中、40代50代の転職は至難の業と言えます。しかし、今求人を出している企業が求めているのは即戦力。今まで培ってきたノウハウや技術を持ってして挑めば、転職への道筋は見えるでしょう。逆に、新しい分野への挑戦は、よほど人材が足りない場合を除いては難しいと言えるでしょう。その職種への情熱だけではどうしようもない時代なのです。

 

 40代50代と言えば、20代前半から働いたとしても、20年以上の実績がある方もいるかと思われます。その長年培ってきた能力を生かさないのは、大変もったいないです。転職する際は、今までの実績、キャリアを充分にアピールして臨むべきです。転職となると、何かしらの理由があるかと思われます。20代30代ならまだしも、40代50代となると、自分の能力を伸ばしたいとなると理由が少し弱い気がします。

 

 なぜならば、例え転職できたとしても、その企業で働けるのは長くて20年、中には10年も働けない人もいます。40代50代ですので、もう少し地に足が付いた理由が良いかと思われます。地元に戻ってきた為、自分の持っている資格を充分に生かせる為、などです。

 

【参考ページ】
45才の転職サイト
45歳で転職を勝ち取るための情報が満載!

 

 また、この年代にありがちな親の介護や自分の持病などもはっきりとしておきましょう。親の介護に時間を取られるならば、融通の利く企業を探します。非正規になるかもしれませんが、介護手当やヘルパーを活用します。持病は隠すよりも、はっきりとさせた方が雇う側も安心します。持病を抱えても、充分に働けることをアピールします。



このページの先頭へ戻る