仕事に興味が持てないという理由での転職

 現在の仕事内容に興味が持てない、という理由で転職を希望する人がいます。

 

 確かに興味の持てない仕事を続けていくことは大変にストレスがたまる行為です。特に仕事を賃金と稼ぐ手段と割り切ることのできない性格の人にとっては、やりがいのない仕事をさせられることは非常に苦痛を伴うものです。自分の興味を持てる転職先を探してさっさと転職してしまったほうが、会社にとっても働く側にとっても幸せな選択といえるでしょう。

 

 しかし、いったん立ち止まって考えてみることも大事です。仕事に興味が持てないといっても、いったいどこに不満を感じているのかをはっきりさせておかなくては理想的な転職先を探すことは不可能です。

 

 世の中には一見つまらなそうに見える仕事であっても、自分なりのやりがいを見出して働いている人も少なくありません。興味が無いと言い切ってしまうのは簡単ですが、果たして興味がもてるように努力をしているといえるのでしょうか。

 

 仕事が興味を持てるものかどうかは、仕事内容そのものではなく仕事への関わり方の方が大きく影響してきます。退屈な単純作業でも、利用する人たちの笑顔をイメージすれば仕事に対する誇りや興味を持つことは可能です。

 

 転職を希望すること自体は悪い選択ではありませんが、安易に転職をしてしまうと今までの経験を生かすことができなくなてしまいます。今まで手掛けてきた自分の仕事を振り返り、本当に興味が持てない様な仕事をしてきたのかどうかをもう一度思い返してみてください。



このページの先頭へ戻る