リストラされたことを転職面接時に言うべきか

 転職時に前の会社のことをどこまで話すべきか、を悩んだ経験があります。転職活動時には面接が必須ですから、その時に必ず聞かれるのが「前職について」です。

 

 例えば、倒産した場合は特に困りませんが、リストラされた場合は困ります。リストラされる人はその人自身に能力がないと思われてしまうことがありますから、リストラというワードだけで、どう考えてもマイナスポイントになります。そのことは面接前に分かりました。

 

 ですから面接対策時にアドバイザーと相談して「退職」という言葉を使うことにしました。退職は都合がいい言葉ですから「仕事を辞めた」というあいまいな表現を用いることが出来ます。例えば「リストラ」と素直に書いたら面接に至る可能性は少なくなります。しかし、退職して仕事を探しているならば「ステップアップを考えて仕事を辞めた」と言えばウソにはなりませんから、そのような理由を使いました。

 

 他にも「懲戒解雇」などに名も同じような理由が使えます。解雇されたなんて先方には決して言えませんから、「退職」を使うことが有効だと思います。基本的には前職内容をそこまで詳しく聞かれることはありません。ですから、出来るだけ自分の過去はオブラートに包み。出来るだけこれからのことに専念できる体制を作った方が良いです。

 

 転職の重要性は履歴よりも能力です。経験を重視する会社もありますが、例えば小さな会社にいて経験を強調できることは少ないですから、個人的な能力を中心にアピールする方が良いでしょう。



このページの先頭へ戻る