転職をする際の時期や業種の要点

なるべく在職中に転職先を決める

 今の世の中、甘く見ているとイタイ目をみてしまいます。「なんとかなるだろう」「もうちょっと様子をみてから行動しよう」などとは考えてはいけません。行き当たりばったりでは中々うまくいかないものです。ですので、在職中に転職先を決めておかねばなりません。無職期間が長くなればなるほど再就職が難しくなるので、在職中ということは大きな利点だと思われます。また経済的な不安がありません。ただし、勤務時間外で面接や試験を受けることとなりますので日時は制限されてしまいます。多くの場合は先方(募集側)がある程度都合を合わせてくれるでしょうが、応募者が都合を合わせる場合も出てくるかもしれません。有給休暇の消化などで効率よく行動できるようにしましょう。

 

なるべく同業種に転職する

 今まで仕事をして経験した事を無駄にしないためにも、同業種への転職はとても有利です。どんな会社でも専門知識は必要なものです。それを一から教えずに済む場合はそれだけ即戦力となります。基本的には中途採用とは即戦力になる人材を求めているからです。ただこれに限っては不可能な場合もあります。同業他社への転職が一定期間制限される場合がありますので、在職中の会社へ一度お伺いを立てることが必要かもしれません。


このページの先頭へ戻る