40代向け転職ガイド

 40代の転職において大切なのは、これまでのキャリアから、自分が社会にあたえられるものを、明確に自信を持って提示することです。今ではめずらしくないものになっている40代から50代の転職ですが、これには、社会的なマイナス要素から生まれたものという部分が否めません。

 

 外資系をはじめ、経営をひきしめる戦略をとった企業たちが、こぞって40代から50代の年代をリストラする動きが進みました。こういった中で、40代において転職活動をする人も、増えたというのが実態です。
こういった40代の転職というのは、容易ではありません。というのも、この年代となると、迎える側としても、安い新卒や若手レベルの給料で雇うという訳にはいきません。そうなると、それ相応のコストを払うわけですから、それに見合ったスキルや技量のある人を、採用しなければならないというわけです。

 

 こういった理由から、40代の転職においては、自分が何を会社に与えることができるかを、はっきりと伝えられるようになっていることが必要なのです。それは、特殊な技能だけではありません。営業成績に自信のあるかたは、それを明確に、数字などを出して、説明できるようにしておきましょう。スタッフ部門の場合だとしたら、これまでの経歴の中で、自分が培ってきたもの、たとえばマネジメント能力や、交渉力といったものでもいいですので、それをきちんと自信を持って伝えられるようにすることが大切なのです。


更新履歴


このページの先頭へ戻る